甘えることで女性の母性本能をくすぐることはできません

「恋愛では女性の母性本能をくすぐれ!」

これは本当です。恋愛では母性本能をくすぐることは重要。問題なのは、「母性本能をくすぐる」の意味を勘違いしている人が多いこと。

モテない男は母性本能をくすぐると聞くと、「そうか、女性に甘えればいいんだ!」と考えてしまう。甘えても母性本能をくすぐることはできません。むしろ、うっとうしいと思われる可能性の方が大きい。

適当に言ってるのではなく、実際の私の経験から言えることです。

私がつき合った女性は年上の方が多いです(今の妻も年上です)。でも、年上女性とつき合った場合はこちらが世話を焼くことが多い。

単に年上女性に対するイメージから「年上女性を彼女にしたいなら甘えることで母性本能をくすぐること」と言う人はいるけど、私の実際の経験からは逆効果です。

そもそも多くの女性が年下の男を恋愛対象として避けたがるのは「頼りない・甘えてくる」からであって、甘えられても母性本能はくすぐられないんです。

母性本能を「世話を焼きたい・守りたい」という気持ちだと定義するなら、母性本能が強い・弱いは女性の年齢よりも本人の資質で決まります。

私自身の経験では、「世話を焼きたい・守りたい」という気持ちを感じたのは、年下の彼女の方が強かったですから。

では、母性本能をくすぐることはできないのか?できるんです。ただ、甘えることはダメで、それ以外の方法で。

そもそも母性本能とは何か?

母性本能とは、女性が自分の存在意義を感じられること。母親は赤ちゃんに母性本能を感じることはわかりますよね。

どうしてですか?赤ちゃんが甘えてくるからじゃないですよ。正解は、赤ちゃんは一人じゃ何もできないから。

お腹がすいても自分で料理はできない。トイレに行きたくても歩いて行けない。言葉も話せない。泣いて知らせることしかできない。

すると母親は、「この子には私が必要だ」と感じる。自分がいないと赤ちゃんは何もできないんだから。これが母性本能の正体。

つまり、母性本能をくすぐるとは「この人には私が必要だ」と思わせることなんです。といっても、甘えることで「私が必要」とは思ってもらえません。

その証拠に、産まれたばかりの赤ちゃんは甘えないでしょ?おっぱい飲んで寝てるだけなんだから。母性本能はくすぐるために必要なのは、甘えることではないんです。

甘えるのではなく、頼る

母性本能をくすぐるにはどうすればいいのか?それは、女性に

「この人には私が必要だ」
「私はこの人の役に立っている」

と思わせること。そこで必要なことは、ある部分では女性に頼ることなんです。「甘える」じゃなくて「頼る」。わかりやすく説明すると、

「ここだけは君にはかなわないよ」
「ここだけは君の助けが必要だ」

という姿勢を見せておくこと。

彼女ができない男は自分を『完璧』に見せようとするんです。何でもできる・何でも知ってる男。それがカッコイイと思っているから。

でも、あなたが完璧な男なら女性の出番がないんですよ。一人で何でもできるんだから。

では、具体的にどうすればいいのか?女性に頼るんです。何でもかんでもじゃないですよ。それだと何もできない面倒な男だと女性に思われてしまうから。

ある特定のことだけは彼女に頼るんです。モテる男って完璧な男は演じないんです。完璧じゃモテないことを知ってるから。

これは、あなたが年下の女性を好きになったら特に重要。年下女性を好きになると、彼女の前では、大人の男であろうと『頑張りすぎて』しまうんです。

ところが、完璧すぎる男に女性は魅力を感じません。憧れはするけど、恋愛対象にはならない。「私がいなくてもこの人は大丈夫」「私じゃ役不足」と感じて、女性が自分の居場所を見つけられないからです。

あなたの周囲にも「どうしてあの人は彼女(彼氏)がいないんだろう」「なんで独身なんだろう」と思われている男性や女性がいませんか?その人は何でも人よりできてしまう男性や女性でしょう。

完璧だとパートナーの出番がないんです。一人で何でもできるんだから。

まとめると、女性の母性本能をくすぐるには、甘えてはダメ。甘えるのではなく、特定のこと(食事や旅行先を調べことや服を買うなど)については頼ること。

そうすれば、母性本能をくすぐろうとして甘えてしまい、女性に「この人は頼りなくて嫌だ」と思われることはなくなります。

恋愛マニュアル
女性との恋愛関係を進展させる具体的な行動を知りたいと悩んでいませんか?女性があなたを好きになるまでの順序、好きな女性にどう思われているのか、デートの誘いや告白が必ず成功するプロセスなどを全108ページで紹介しています

恋愛での女性心理

告白の仕方とタイミング

モテない男の勘違い

デートや会話で失敗しない