誰にも聞けない彼女の作り方 | 社会人になると彼女ができにくい理由

彼女を作ることができないと悩む人には大きく分けて二通りあります。あなたはどちらのタイプですか?

1.好きな女性ができても彼女に好かれない・振り向いてもらえない
2.彼女が欲しいけど、そもそも女性と知りあう・出会う機会がほとんどない

女性と出会う機会がない場合でも彼女を作る方法はありますが、少し長くなるので後半で解説します。まずは、女性との出会いはあるし、好きな女性もできる。なのに、彼女ができない理由について。

学生時代でも社会人になってからでも、ある女性と出会って好きになること自体は同じです。ただ、学生時代に好きになる女性と、社会人になって好きになる女性では、大きな違いがあるんです。わかりますか?

社会人になってからの恋愛の特徴は、力関係に差がある女性を好きになるケースが多いこと。詳しく説明しましょう。

社会人になると急に彼女を作るのが難しくなる本当の理由

社会人になる前に出会う女性は、どちらが上とか下とかはないですよね。例えば、同じクラス・同じサークル・同じバイト仲間のように。関係はフラットです。

一方、社会人になると上司と部下、あなたが客で女性が店員、あなたが買い手で女性が売り手のように、力関係に差がある形の出会いが増える。

特に問題になるのは、力関係では相手の女性が下の場合。女性の態度や接し方を見て「彼女は僕に好意がある」と勘違いする人が続出するんです。

力関係に差がある女性を好きになった方から恋愛相談を受けていると

「いままでこんな優しくされたことはない。彼女の優しさは本物だと感じます」
「こんなに心配してくれる女性は他にいないんです。きっと彼女は僕に好意があると思います」

という声をよく聞きます。

でも、心地よく感じる女性の接し方は「お客様に対する配慮や気遣い」にすぎないんです。お客さんが困っていたらできるサポートはするし、体調を崩したら心配もする。

恋愛経験が少ない人ほど、自分への女性の態度や接し方を「好意があるから」と考えやすい。ただ、この気持ちは理解できるんです。

モテない頃の私も力関係に差がある女性の優しさや気遣いを「僕に好意があるはずだ。だって普通はここまでしてくれないから」と考えたものです。

実際、普通ではないんですよ。力関係に差がありますから。でも、同じクラスの女性やバイト仲間の女性と同じように、力関係に差がない時と同じように考えてしまう。

さらに問題なのは、通常ならはっきりと拒否される場面でも、力関係に差がある場合は、やわらかく丁寧にお断りをされること。

女性を食事やデートに誘って断られる場合を見てみましょう。食事やデートの誘いを断られること自体は同じです。

ただ、断り方が「無理です。彼氏以外の人とは二人で会わないので」のようにキッパリとした拒否じゃなくて「社内の規定があるので」「その日は都合が悪いので」とやわらかいことが多い。

すると「それほど嫌ではないのかも・まだ可能性はあるのかも」と思いがちなんです。力関係に差がある女性を好きになると

・力関係が上の人(あなた)に対する女性の優しさや気配りを「好意がある」と勘違いしやすい
・力関係が上の人(あなた)からの誘いを女性が断るとき、ハッキリ拒否する表現を避けるため「まんざらでもない・可能性がある・期待がもてる」ように見える

勘違いしやすい要素が豊富にあることが、社会人になってから彼女を作るのが難しく感じる原因なんです。

力関係に差がある女性を好きになった場合は「他の女性(力関係に差がない女性)はここまでしてくれない」のような見方をしないよう注意が必要です。

社会人になって女性と出会う・知り合う機会が激減した場合

社会人になると恋愛に注げる時間は基本的に減りますよね。一日のほとんどの時間を仕事に奪われますから。

日々の大半を仕事に費やしていることが、上記でもお伝えした「好きになる女性は力関係に差がある女性が多くて彼女ができない」にもつながります。

学生時代なら授業、サークル、飲み会、合コン、バイトなど複数のことに時間を費やせるものの、社会人は仕事の時間外で女性と出会う機会を作ること自体が難しくなる。

では、社会人が女性と知り合う・出会う機会を作るにはどうすればいいのか?方法は2つあります。

1.趣味や好きなことの集まり(サークル活動や習い事など)に参加する
2.恋愛を目的とした出会いの機会を利用する

1は趣味のサークルや集まり(登山やスキーやアニメなどのサークル)や習い事(英会話教室やスポーツジム)に参加する。2は出会い系サイトや合コン・街コン・婚活パーティーに参加することです。

注意して欲しいのは、1を選ぶなら「彼女を作りたいから何の興味もないけど英会話教室に通おう。女性が多そうだから」のように、まったく興味がないサークルや学校に参加するのは避けること。

彼女を作ることが目的で「女性が多そうだから」と何の興味もない習い事を始めても、そもそも好きじゃないからなかなか上達しない。

また、女性から見ると「この人はジョギングが・英会話が・登山が本当はあんまり好きじゃないな」とすぐにバレてしまう。

女性は大好きで熱中しているサークルに、恋愛が目的で適当な気分で参加している男がいると女性にどう思われるか?好意的に見てもらえないのは明らかですよね。

なので、あくまで自分自身が好きだったり熱中できる分野のサークルや集まりを選ぶこと。その方が、お互い好きなことだから話も合うし、何より上達も早い。上達すればするほど女性から見た印象もアップします。

「とにかく女性と出会いたいから女性が多そうな趣味や習い事を始める」ではなく「今まで躊躇してたけど、今年は自分が好きだったり興味がある趣味や習い事を始めてみよう」の方が、結果的には彼女を作る近道になります。

なるべく早く彼女を作ることが目的の場合

できるだけ早く彼女が欲しいという希望を叶えるなら、出会いを目的としたパーティーや合コン・出会い系サイトなどが効率もいいし、実際に役に立ちます。

これらのメリットは、男女ともに出会い・恋愛を目的としていることが明確なこと。

ある女性を好きになり時間をかけてアプローチしてきたのに、彼女には彼氏ができたばかりだった・既婚だったと残念な結果になることがありません。

あと、意外かもしれませんが、恋愛を目的としていることが明確な出会い(出会いパーティーや合コン・街コン、出会い系サイトなど)は、「内気な性格で女性との会話が苦手」「草食系で恋愛では奥手」という人にこそ向いています。

内気な人や草食系の男性自身は「自分は内気で奥手だから、合コンや街コンは向いていない」と考えがちです。

でも、内気な人や草食系の男子が本当に苦手なのは、友達関係を恋愛関係へと進展させることなんです。だから、日常生活で知り合った女性とは、基本的にいい人止まりで恋愛が終わります。

一方、最初から恋愛を目的としている出会いは、友達関係を恋愛関係に進展させる努力が不要です。なので、内気で大人しい人や草食系な男性にこそ最初から恋愛を目的としている出会いは向いているといえます。

ただ、合コンや出会い系サイトのような最初から恋愛目的の出会いに抵抗がある人もいるかもしれません。ここで考えて欲しいのは、知り合ったプロセスよりも実際に付き合う結果にこそ価値があるということ。

私が恋愛相談を受けてきた中で、珍しい例はオンラインゲームです。オンラインゲームで知り合った女性とつき合った人が3人いました(そのうちの一人は結婚して子供ができたと報告をくれました)

私自身はオンラインゲームに詳しくありませんが、話を聞くかぎりオンラインゲームはかなり恋愛に適していると言えます。

・お互いの趣味が同じなことが明らか
・共通の話題がある
・会話(チャットやボイスチャットなど)をする機会が頻繁にある

のように、お互いの距離を縮めて恋愛関係を進展させる要素が豊富だからです。最後に、彼女を作る場合に重要なことを一つ、お伝えします。

彼女を作りたいなら、プロセスより結果を重視する

もし、あなたが毎日の生活では女性と知り合う・出会う機会がほとんどないとしましょう。この場合、女性と知りあったり出会うために行動を起こす必要があるのは確実ですよね。

ところが、好きな女性と付き合えたという結果より、好きな女性と知り合う・出会うプロセスを重視しすぎて彼女を作るチャンスを逃す人がいます。

「いくら彼女ができても、出会い系サイトで知り合ったなんて恥ずかしくて言えない」
「婚活パーティーに参加して彼女ができても友達に言いにくい」

のように、周囲の目や評価を気にしすぎて、女性と出会う機会を自ら奪っているんです。

私が女性と知り合うプロセスより、結果を重視すべきとアドバイスするのは理由があります。

・高校時代に同じクラスだった女性と6年間付き合った末に結婚。2年後、泥沼の離婚裁判
・付き合い始めた経緯は周囲に言いにくいけど、彼女と一緒にスーパーで晩ご飯の食材を買っているだけでも楽しい

どちらがいいですか?という話です。私なら後者を選びます。彼女を作りたいと言いつつも、自分でブレーキを踏んでいる人がいます。

彼女が欲しいなら、彼女を作るという結果から逆算すること。プロセスより結果を重視すれば、行動しない理由を自ら作って数年後にさらに大きな後悔をするという事態を避けることができます。

脈なしの恋愛から逆転する方法
女性と楽しく会話はできるのに、どうして食事に誘うと毎回断られるのか?好きな女性に彼氏がいても簡単に諦めてはいけない本当の理由とは?女性に「気づいたらあなたを好きになっていた」と言われる恋愛の5つの法則とは?
5つの法則を見てみる→

恋愛での女性心理

告白の仕方とタイミング

モテない男の勘違い

デートや会話で失敗しない