好きになった女性に彼氏がいるけど諦めきれない

好きになった女性に彼氏がいる場合に絶対にしてはいけないことがあります。例をあげて説明しましょう。

あなたが好きな女性には彼氏がいます。でも、彼氏の彼女に対する気持ちは冷めつつある。状況としてはチャンスですよね?

ここで、好きな女性に猛烈にアプローチを開始。この場合、彼女はどうするか?彼氏に相談します。彼氏の気持ちは冷めつつあっても、彼女の気持ちは冷めていないから。

「○○という人が私に好意がありそう。他の女性よりも私に話しかけることが多いし、連絡先を聞かれたり誘われたりするし。」

彼氏はどういう行動に出ると思いますか?「もうマンネリで気持ちも冷めつつあったから別れるいい機会だな」とは思いません。逆に、今までよりも彼女を大切にし、彼女を思いやった行動をとるようになります。

彼女への気持ちが冷めつつあっても、他の男が言い寄ってきているのを感じると急に守ろうとする。自分から別れを切り出すのはよくても、他の男にとられるのは嫌なんです。

こういう事例を数多く見てきました。あなたにも同じ経験があるかもしれません。だからこそ、「好きな女性に彼氏がいてもあきらめないぞ!」と気持ちだけでアプローチを始めないこと。

行動するタイミングを間違えると、別れそうだった二人の関係を良好にする手助けをして終わりになることが多いからです。

では、どうすればいいのか?彼氏持ちの女性を好きになった場合、4つのケースにわかれます。それぞれ具体的に説明していきましょう。

1.彼女が「彼氏いるよ」と言って、実際に彼氏がいる

このケースで重要なのは、彼女が彼氏をどう思っているのか・二人の関係はどうなのか、ということ。

付き合い始めたばかりの頃は、彼女には彼しか見えない。この状況で彼女を口説くことは無理です。彼女にとって彼氏以外の男は完全に恋愛対象外。何をしても響きません。

もし彼女に頻繁に連絡したり食事に誘うなどして「この人は私を恋愛対象とみている・好意をもっている」と思われると、彼女はあなたを警戒して距離を置きます。

なぜなら、「大好きな彼との間に割り込んでくる邪魔者」としか思われないからです。モテない男が失敗するのは、彼氏持ちの女性に対してつけいる隙がないのに無理やり入り込もうとすること。

どれだけ好意や愛情を示しても無理です。彼女が望んでいるのは、大好きな彼氏からの好意や愛情だから。

もし好きな女性に彼氏がいても、ケンカもせず何のトラブルもなく結婚して一生を終えるカップルはまずいません。彼女が彼氏に冷めつつあったり、ケンカをするなど二人の関係に変化が生じる時が必ずあります。

好きな女性に彼氏がいて彼女は彼のことしか眼中にない場合、彼女と気軽に連絡できる関係を維持すること。あなたが行動する時は、彼女の彼氏への気持ち・彼女と彼氏の関係が変化した時です。

彼女の彼への気持ちが変わったことを知ることができなければ、せっかくチャンスが訪れているのに何も行動できずに終わってしまいます。

モテない男に多い失敗は、彼女が彼氏と円満なときに積極的に連絡したり誘ったり、時には告白して好きな女性に避けられるようになる。

距離を置かれていて気軽に連絡できないから、彼女が彼氏と別れそうになったり別れてもその情報を知ることができない。その結果、気づいた時には彼女は彼氏と別れて、別の男性とつき合っていたりします。

彼女が彼氏を大好きな場合は、彼女と連絡できる関係を保って、彼女と彼氏の関係に変化があった時に知ることができる立場にいることが重要。

一方で、彼女に彼氏がいても、彼女の気持ちが冷めている場合はあきらめる必要がありません。彼女の彼氏への気持ちが冷めつつあることを話したり、仲のいい友達カップルの関係をみてうらやましがったり。

この場合は、彼女に彼がいても諦める必要はありません。彼氏がいても、いないようなものだからです。

2.彼女が「彼氏いないよ」と言ったけど、実は彼氏がいる

好きな女性が「彼氏はいないよ」と言ったのに、彼女の友達からは「あの子、彼氏いるよ」と聞かされた場合。

「やっぱり彼氏がいるんだ。かわいいしいない方が不自然だよな。あきらめた方がいいかな」

この場合、あきらめる必要はありません。そもそも、どうして彼女は彼氏がいるのにいないと言ったのか。

彼氏がいると言えば、「彼氏がいるんだ。あきらめよう」と思われることがわかっているから。つまり、「私を口説いてくれないかなぁ。彼氏への気持ちは冷めているんだけど」が彼女の本音。

彼女は今の彼には不満がある。できれば彼と別れて他の男性とつき合いたい。だから、「彼氏はいない」とウソをつくんです。

「それなら彼氏と別れるのが先じゃないの?都合よすぎじゃないの?」

と怒らないように。基本的に女性は寂しがりやなんです。ちなみに今、恋愛で鍵になるとても大切なことを言いました。

注意して欲しいのは、彼氏がいるのにいないという女性は「彼氏よりもいい男がいれば付き合いたい」であって、「口説かれれば誰とでも付き合います」ではありません。

ただ「この人は彼とは違って~」と思われることができれば、付き合うことは難しくありません。

3.彼女が「彼氏いないよ」と言って、実際にいない

「彼氏がいないならチャンスだ。よかった」

残念ながら、そうでもないんです。

モテない男は好きな女性に彼氏がいるか・いないかだけで簡単に判断するところがあります。モテない頃の私もそうですが。

好きな女性に彼氏がいない場合、2つのケースがあります。

1.彼氏はいないし好きな人もいない
2.彼氏はいないけど好きな人はいる

彼女に彼氏も好きな人もいないなら何も問題ありません。問題は、彼女に彼氏はいないものの好きな人がいる場合。このケースは、彼女に彼氏がいる場合とほとんど変わらないんです。

あなたが好きな女性に彼氏がいないとします。でも、彼女は同じ部署の同期の男性に恋をしています。昼休みには彼女が同期の男性と楽しそうに会話をして笑っている姿をよく見かけます。

この場合、彼女に彼氏がいないからといって積極的に彼女にアプローチをしても、みごとに玉砕して終わります。彼氏を大好きな女性と同様、彼女も職場の同期の男性しか眼中にないからです。

好きな女性に彼氏がいないことがわかっても、「やった。チャンスだ!」と急いで行動しないように注意してください。

4.彼女が「彼氏いるよ」と言ったけど、実際はいない

彼女に付き合っている彼氏がいないなら、彼女と付き合えるチャンスがあるように思えますよね。ところが、これまでにあげた4つのケースの中でもっとも絶望的な状況です。

なぜ彼女は彼氏がいないのに「いる」とウソをついたのか?

もしあなたが単なる友達であれば正直に「彼氏いないよ。誰か紹介してよ」と言います。

彼氏がいないのに「いる」と言ったのは、あなたから強い好意を感じたから。「この人は私を友達ではなく恋愛対象とみている」と感じたからです。

そこで「彼氏がいる」とウソを言います。「彼氏がいるから私を口説いても無理ですよ。あきらめてください」という防壁を作るんです。

「彼氏はいないけど、いるから私には近づかないでね」という矛盾しつつもわかりやすい意味でもあります。

4つのケースの中で一番厳しい状況です。彼女と付き合える可能性はゼロではありません。

ただ、彼女に好意があることがわかりやすい態度を既にとっているので、まずは恋愛を意識させるような言動は一切やめる必要があります。

時間はかかるので覚悟しておきましょう。

恋愛マニュアル
女性との恋愛関係を進展させる具体的な行動を知りたいと悩んでいませんか?女性があなたを好きになるまでの順序、好きな女性にどう思われているのか、デートの誘いや告白が必ず成功するプロセスなどを全108ページで紹介しています

恋愛での女性心理

告白の仕方とタイミング

モテない男の勘違い

デートや会話で失敗しない