告白された女性が「考えさせて」と返事を保留する時の心理

好きな女性に告白したけど、

「すぐには答えを出せない」
「少し考えさせて欲しい」

のように、告白の返事を待って欲しいと言われた経験がありませんか?

告白の返事はYESかNOのどちらかでいいはず。なのに、女性が返事の保留という中途半端な答えをすることがあるのはなぜか?女性が告白の返事を保留する理由は、おもに次の2つです。

1.断り方で悩んでいる
2.付き合うかどうか迷っている

付き合うかどうか迷って返事を保留するのはわかりやすいでしょう。問題は断り方で悩んでいる場合。実際に、女性に告白の返事を保留されたケースで一番多いのは、断り方で悩んでいる時なんです。

女性に告白の返事を保留されたら、具体的に何をすべきかを詳しくお伝えしていきましょう。

女性が告白の返事を保留した理由が、断り方で悩んでいる場合

付き合うつもりがないなら、どうしてその場で断らないのか?なぜ、わざわざ保留するのか?告白を断ったあとも、お互いに顔を合わせる機会があるからです。

女性から見てあなたは既に親しい友達や同じ職場の同僚だったり、取引先の相手やお客さんだったり。

この状況では、女性は告白を断ることよりも「どうすれば今後の関係が気まずくならないか、今の関係を維持できるか」を考えます。

告白を断ったはいいものの、友達グループで集まっても気まずい空気です、関係がギクシャクして仕事に支障がでるようになりました、では困りますから。

また、以前に告白を断った時にやっかいな状況(相手が攻撃的になった、つきまとわれたなど)になった経験のある女性は、告白の断り方に慎重になります。

女性にとってあなたは今後も関わりがある相手だから、相手を傷つけたり怒らせたりするような断り方はしたくない。

だからといって、きつい表現を避けたつもりが期待をもたせる断り方になり「完全に拒否するような断り方じゃないからまだ脈はありそうだ」と思われても困る。

実際、断り方で悩んで告白の返事を保留する女性はけっこう多いんです。

ただ、女性は今後も関わりのある男性からの告白の返事を必ず保留するのではありません。

断り方を考える暇もないくらい想定外の突然の告白だった場合に多いです。

あなたは好きな女性に対して友達・同僚としての接し方しかしてなかったとします。でも、好きな気持ちを抑えられずにいきなり告白した。このような場合、女性は

「なんで?私を恋愛対象とみている様子はまったく見せなかったのに。今は付き合うとか考えられないし。どうしよう・・・」

と悩みます。突然すぎて適切な断り方が思いつかないから「少し考えさせて」となります。

彼女が考えたいのは「付き合うかどうか」ではなく「今後の関係を壊さないための断り方」についてです。

返事が来ない場合、催促してもいいの?いつまで待てばいいの?

女性がなかなか告白の返事をくれないと、「こないだの告白の返事を聞かせて欲しい」と言いたくなりますよね。

でも、告白の返事を催促するのはグッと我慢してください。

女性が「どうやって断れば今後の関係が気まずくならないか」と悩んで告白の返事を保留した場合、答えは既に「ごめんなさい」と決まっています。

悩んでいる女性に返事を催促するのは「こっちは早く返事が欲しいから、こっちの都合に合わせろ」と言ってるのと同じ。

どう考えてもあなたの印象が悪くなるだけです。では、返事を催促してはいけないなら、いつまで待てばいいのか?

ずっとです。彼女が返事をくれないならそれでもいいんです。実際、いつまで待っても返事をもらえないことは結構あります。

女性の返事が「ごめんなさい」と決まっている以上、「再び告白をした時は必ず成功させること」を目指します。

そのためには、今後の関係をギクシャクしたものにしないこと。今までのように気軽に会話ができる関係を維持することです。

告白の返事を1週間たっても2週間たってもくれない女性は、「うまい断り方」を見つけられずにいるんです。だから、断ること自体も避けたい。

「できればこのまま告白の件のことを彼は忘れてくれないだろうか」という期待さえしています。

そうすれば「うまく告白を断る」という負担を感じる行動をしなくてもすむからです。

返事を待っている側からすると「はっきり断ってくれた方がすっきりする」と思うもの。

ただ、告白の返事を保留する女性にとっては、「はっきり断る」が簡単なことじゃない。

彼女にとってあなたが二度と会わない関わりを持ちたくない相手であれば簡単に断ってます。

そうじゃないから悩むし返事を先延ばしにするんです。

一番いい選択肢は、あなたが告白したことをまるで忘れているかのように振る舞うこと。それが、彼女にとって負担にならないから。

女性が断り方で悩んで告白の返事を保留している場合は、もうあきらめるしかないのか?そうではありません。

少なくとも現時点では告白を受け入れてもらうことは無理なのであって、将来もずっと無理という意味ではないんです。

恋愛で失敗する人は、現時点でYESと答えてもらおうと粘って将来のチャンスをつぶしてしまいます。

だからこそ、今後付き合える可能性を残しておく選択をしてください。

女性が告白の返事を保留した理由が、付き合うかどうかで迷っている場合

次に、女性が付き合うかどうか迷って告白の返事を保留した場合。

「今後付き合う可能性は十分あるけど、いまの段階ではどうだろう?」が女性の心境です。

なぜ迷うのか。決め手となる何かが欠けているからです。意外に多いのは、お互いの情報が欠けていること。女性に「まだお互いをよく知らない」と思われていることです。

「いや僕は彼女のことをよく知っている」
「同じ職場でもう2年も一緒だ」

と思いますよね。でも、それは本音の彼女ではありません。友達や職場の同僚の前の彼女と、プライベートでの彼女は違います。

この場合に多いのは、女性に「私のどこがいいの?」のように聞かれること。

女性としては、職場での彼女を好きになってもらっても、普段の自分は違うから不安があるんです。

さらに、「私も職場でのあなたは知っていても、普段のあなたは知らない」と思う。つまり、「まだお互いをよく知らない」と感じるんです。

既に何度か食事やデートをしている関係なら

「いい人だけど、毎回『どこ行きたい?』と聞かれるのが気になる。『今日は動物園に行こうよ』って決めて欲しい」 「付き合ってもいいけど、あまり私の話を聞いてくれないところが気になるな」

のように、「付き合ってもいいけど、気になる部分がある」という場合に女性は返事を迷います。

脈はあるのか?

この場合、脈はあるのかといえば、もちろんあります。

注意して欲しいのは、女性が付き合うかどうかを悩んで告白の返事を保留している場合、ただ返事を待っているだけではダメなんです。

女性の気持ちは「付き合ってもいいけど、気になることがある」というもの。ただ待っているだけで彼女の不安が解消することはありません。

スマホの買い換えを例にすると、「このスマホに買い換えてもいいけど・・・(ちょっと重い)」と迷っている時に、「お得ですよ。ぜひどうですか?」としつこく迫られると「やっぱ今はいいです」になる。

一方、「このスマホに買い換えてもいいけど・・・(ちょっと重い)」と迷っている時に「もっと軽量なモデルもありますけど、どうでしょう?」と言われると「じゃあ、それにします」になる。

一方はただ決断をせまっているだけだから「やっぱ今はいいです」になり、もう一方は迷いを解消できるものを提示しているから「それにします」になる。

恋愛も同じです。もし女性が迷っている原因が「お互いをよく知らない」なら、今後はプライベートな話題もまじえて普段のお互いの考えや好みが出るような会話を心がける。

「もうちょっと私の話を聞いてくれる人ならいいんだけど」と思われているなら、ちゃんと彼女の話をよく聞いてあげる姿勢を見せる。

そのうえで、告白の返事を求めるのは問題ありません。

迷っている女性に単に決断をせまる=返事を求めると「やっぱ今は無理です」になります。彼女の不安や不満は解消されてないですからね。

断り方で迷ってるか、付き合おうかどうかで迷ってるかを見分けることはできるの?

好きな女性に告白を保留された時、彼女が断り方で悩んでいるのか、付き合うかどうかで迷っているのかを見分けられるのか?簡単に見分けられます。

告白を保留した後の女性の態度がまったく違うからです。

断り方で悩んでいる場合、食事をしたり二人で会ったりする場面は避けるようになります。

「二人で会ってくれるから、まだ脈はあるはずだ」と期待をさせたら悪いからです。

なので、告白前は食事などに気軽に応じてくれていた彼女が、告白後は二人きりで会ったり出かけることを何かと理由をつけて断るようになった場合、断り方で悩んでいる可能性が大です。

一方、付き合おうかどうかで迷っている場合、食事や二人で会う場面を避けようとはしません。

なぜなら、気になっている部分が解消されれば付き合ってもいいと考えているのであって、会いたくない訳ではないからです。

恋愛マニュアル
女性との恋愛関係を進展させる具体的な行動を知りたいと悩んでいませんか?女性があなたを好きになるまでの順序、好きな女性にどう思われているのか、デートの誘いや告白が必ず成功するプロセスなどを全108ページで紹介しています

恋愛での女性心理

告白の仕方とタイミング

モテない男の勘違い

デートや会話で失敗しない